网站名

記事一覧

 

お勧め商品

不妊症の48%が男性側に原因!?

結婚後2年間(最近では1年間という考えも)、特別に避妊を行っていないのにもかかわらず妊娠に至らない場合、不妊症と診断されます。WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男性のみ、11%が原因不明です。つまり男性に不妊症の原因が見つかるカップルがおよそ48%となりますので、不妊症の検査は夫婦ともに受けることが望ましいと考えられます。

まずはフーナー検査や精液検査から
男性不妊といっても、精子を造る機能に障害がある造精機能障害や勃起.射精に問題がある性機能障害など原因は様々です。どこに問題があるのか突き止めることが重要であり、原因によって治療法も大きく変わってきます。

女性のクリニックを受診するなんて、と診察を受けるのを躊躇しがちではありますが、場合によってはごく簡単な治療ですむことも多いのでぜひはやめに検査を受けることをお勧めいたします。フーナー検査や精液検査はご主人は受診しなくて受ける事のできる簡単な検査です。まずはフーナー検査や精液検査から始めましょう。
男性不妊症の原因について 
(1)造精機能障害(精巣で精子が作られにくくなる)
(2)精子輸送路通過障害(精管が細くなり精子が通りにくくなること)
(3)機能性障害(射精ができなくなったり、勃起ができなくなること)EDなど
(4)副性器機能障害(精嚢炎、前立腺炎、膿精液症)
(5)その他(精子奇形症など)

男性不妊症の検査
(A)男性は受診しなくても受けることができる検査(最初に皆様にお勧めするものです)※精液検査:検査専用容器※フーナー検査(性交後試験)
: (B)陰嚢部の視診.触診 精巣、精巣上体、精管を診察します。精巣の大きさ、かたさ、精索静脈瘤の有無がたいせつです。
(C)ホルモン検査(血液検査) 下垂体から分泌されるFSH.LH.プロラクチン精巣から分泌されるテストステロンなどの検査
(D)陰嚢部超音波検査 陰嚢部にゼリーをつけて、超音波のプローベにて精巣容積測定、精巣の性状精索静脈瘤の有無などを診察します。
(E)染色体検査(血液検査) 高度の乏精子症や無精子症の場合にお勧めしています。クラインフェルター症候群、ロバートソン転座染色体異常の有無がわかります

yz[y[W쐬uz | {EEDVDEAjEƓdEQ[ | WebRTeBOT[rX
ƊENOP̃Cu`bg | łŊwׂIb`ciiu | 20GB ̃ICXg[W
򑐂̎iI y򑐃K[fuz | ŐVj[X | Web | hC | HPXy[X